2008/05/08

[カード] メイキング01 家族写真?家族フライヤ? 「劇団」って?



今まで友だちに配った(送りつけた!?)20枚弱の「記念カード」は、うちの「劇団の活動報告」です。一応「あげはちょんカード」って名前もあります^^; 将来、自分で読んで笑えるように、メイキングをつらつらと書きます。

さて、「劇団」って何よ? って辺りから書こう、、、と思いましたが、そうじゃなくて、とりあえず、

「青ひょんは、家族のことを「劇団」って言いたいらしい。可笑しいね(笑 」

、、、って、了解してあげて先に進んでください。(´・ω・`)。 なんとなく言いたいことが伝われば、、ねぇ、、、^^;

-----

僕は若葉(妻@事実婚)のことを、他人に「僕の妻です」と紹介しています。でも、内心は、親友同志(ドウシであってトンムとは読まない)というほうがリアルな感じ。凡庸だけど「パートナー」はしっくりきます。「相方」だと芸人みたいで畏れ多いし、「同居人」ってのは控えめすぎる。「バディ」って言うほど体育会系じゃ無いんだなぁ。

-----

僕の周囲で、セクト内”結婚”して、その後「子育て論」辺りで衝突して離婚、もしくは家庭内離婚してるグループが、複数いる。「同じ嗜好で一緒になるとダメねぇ」 などという話を当人たちから聞かされたりもする。逆に、一緒になってから、「げげ、おれ民主党だったけど、相方は共和党だったよ! どうしよう!?」 なんて話も聞かされたり。

なぜに、その様な大事なことが、一緒になるまで判らないのか不思議で仕方がないぞ。

こだわり屋さん同士でチームを組むと、こだわり派だけに相容れない事はあるんやろねぇ。相手を見る目が有る、見る目が無かった、「残念!さぁ、次!」 という話にしても良いと思うけど、とりあえず「同じ方向」を進めないのであれば一緒に生活(劇団運営)にはならんやろうねぇ、、やはり。

(セクトってのは、具体的な党派という意味にあらず、「趣味や政治性で同じ方向を向いて進もう♪」という共通理解にあるマニアックなチームという意味で使ってます。 ”普通”、そういう場合は「セクト」って言いませんが^^;)

「同じ宇宙を信じる」「同じ神を信じる」「同じ歴史を信じる」「同じデザインを信じる」という”信仰”のベクトルだと、その教義(?)の中に「家族の作り方」「パートナーとの付き合いかた」なんて Tips も付いてきて楽チンそうに外部からは見えるんですが(属する共同体にとって都合のよい「細胞」形式を推奨されちゃってると言うか、、)、そういう共同体な方向からの「同じ方向」ではなくて、僕のイメージする「同じ方向」というのは、「時間を大事にしたい」「やるときは最後までやる」とかな「気持ち論」での一致や、「同じ歴史観」とまでは言わずも、どっちか言うと右翼、どっちかいうと左翼、なんでもあり or 結構堅物、ぐらいの「生き方の趣味」と、「歩くの好き嫌い」「食べるの好き嫌い」「笑いの好き嫌い」「話すの好き嫌い」「きれいの好き嫌い」「暴力の好き嫌い」「雑さ加減の好き嫌い」「ネクラネアカ」、、な好き嫌いや趣味が、「2つ3つ一致すれば最高でしょ!」 っていうぐらいのユルい「同じ方向」。

「同じ方向」が共有されてないんじゃ、しんどくない? と言うか、一緒に生活する「動機」が在り得ない気がする。

僕と若葉は、細かいところで趣味・政治スタンスは違ってると思うけれど、例えば、「戦争は反対。人殺しは反対。子どもは守れ」ぐらいのスローガンレヴェルでは一致している(と僕は思っている)。一致というのは、そのスローガンに対する「気分の温度差、気分の出力」も一致するという意味。出力の一致。これは重要。「戦争にはあまり興味がない、子供には関心がない」では、一致以前の話になっちゃう。議論になるとすれば、デモに行くときのプラカード、「白を基調に花模様? それとも、キース・ヘリング落書きポップ風?」どうする? ぐらいの位置での議論。

、、、おっと、とりあえずカードの話を進めねば、、(汗

-----

ライト(非嫡出子。日本籍。韓国籍)が生まれて劇団(家族)が4人になりました。イベントは目白押し。「写真撮影→カード作り」は、「寝食をともにして、一緒に生活する」ことの次に、うちの劇団の目玉の活動です。

今から10年ほど経って、ライトも小学生高学年ぐらいになったら、カード作りも打ち止めかな? それまでは付き合って欲しいなぁ。そして、できれば15、6歳になれば、うちの劇団を卒業して、ひとり立ち → 自分で劇団を立ち上げてほしいぞ。勿論、一人立ちする技術は、劇団の先輩としてどんどん伝える。自前で公演して稼いで、劇団のメンバーが増えてきたら、合同のワークショップなど開催できればいいねぇ! そんなイメージを持っています。

-----

カードを「年明け」と「夏」にカードを郵送するパターンが何年間か続きました。

郵送する2ヶ月前ぐらいにラフスケッチを描きます。何か新しいチャレンジを盛り込みます。撮影スケジュール調整に入ります。劇団員はそれぞれに忙しいので、撮影ロケの日程を調整するのが一番大変です。冬の平日だと、家族全員が仕事やら何やらに暗いうちに家を出て、帰宅の頃にはまた真っ暗です。運よく仕事の休日が重なっても、「雨に降られる」と撮影はオジャンで、予定がどんどん先延ばしにされたり。

最近は、1回の撮影ですんなりOKとはならないねぇ。2、3回、日をあらためて撮影します。

撮影しちゃえば、半分以上の仕事が終わった感じです(^^)

---

次回、「メイキング02 軍曹のカメラ」に続きます。 -----

-----

家族というと、

TVで、岡田斗司夫氏がの村上知子@森三中が出演してるの観て思い出した。
『フロン 結婚生活・19の絶対法則』よりも過去で、ゼネプロ時代よりも未来。『ぼくたちの洗脳社会』の頃に、僕は、岡田斗司夫氏とカラオケボックスで話をする機会がありまして、氏にとって「家族は何か?」みたいな事を伺いまいした。氏は「家族は、僕の唯一の舞台裏、作戦司令本部です」というようなことを言うてはって、僕はすごく納得した覚えがあります。地元・近所の兄ちゃんの話は「絶対!」という僕ルールもあって、忘れられない家族話でした。

そういえばレコーディング・ダイエット『いつまでもデブと思うなよ』は、未だに読んでない。妙に申し訳ない気分。売れてるのなら別にエエんかな。体重コントロールに困ったときに頼ろうと、「ブートキャンプ」や「いつデブ」は未体験のままだったんだけど、そうこうしてるうちに、いらんように (つд`;)



2 コメント:

こーちょん さんのコメント...

いつもいつも楽しみにしてるんです。カード。
りんご君が大きくなったら カードが届かなくなるのが今から突然寂しかったですけど
また、それもあり。

誰かと一緒になる話し ちょっと考えてたことが いい意味で緩んで また、ぐっとまじめに考えてしまったり。。。

なんか、参考になりました。今日の日記。笑

青ひょん さんのコメント...

》りんご君が大きくなったら 
》カードが届かなくなるのが
》今から突然寂しかったですけど


ありゃー、そんなん言うてくれてありがとう。

いつもながら整理知らずな内容で、
ミアネヨすんません!(汗

こーちょん、ちょいナイーブな乙女心に気持ちが満たされがち、、なところありそうだよね。

そんなときは糖分とってお茶タイムがイイと思います!

コメントを投稿

コメントを手作業で承認しているので、公開までに時間がかかります。ごめんなさい。また、古い発言へのコメントであっても、とても嬉しい!どうぞよろしく。

「コメントの記入者」は、例えば「名前/URL」を選んで、「名前記入し、URL未記入」などでOKです。コメントできないなぁという場合は、「何度かプレビューをする」と、うまくいくようですが、もし良ければ aohyon@gmail.com までメール頂けると対応します!

「そこまでのことでもないし」と言わず是非どうぞ(・∀・)

 /青ひょん

Comments on Google+: