2008/03/07

太鼓話。パクウォンさん(5) 数年ぶりのマイチャング


チングドゥルのパクウォンさん&趙恵美さん


さて、数年ぶりにマイチャングを出してきた。

今年は復活リハビリだから別に自分のチャンゴじゃなくても、、とか、練習場所まで重いとか、出来れば楽器よりもリンゴを連れていきたい、、、とか思ってたんだけど、久しぶりに太鼓担いで電車に乗ってみる。

ちょっと懐かしくてイイ感じ。


でも、手入れを数年ほったらかしたので、さすがに申し訳ない状態になってる。
ごめんね。
うちの狭いマンションに7台ほどあるんだけど、春までに手入れしようと思う。

パクウォンさんに、皮補修の tips を教えてもらう。
皮周辺部を補修しても、音には余り影響がないとのこと。小さい穴は、酢酸ビニル樹脂系(木工ボンド)や瞬間接着剤で埋めておくべしと。強度はいらないんだけど、木工ボンドで頼りなければ、エポキシ樹脂系が良いだろうか。大きめの穴は、「布ヤスリなどで薄く仕上げた皮切れ端」を裏から貼ってあげると良いとのこと。ふむ。

このチャングは金具だったか。途中ヒモにしてたんだけど、締め直しに手間取っちゃって金具に戻したんだなぁ。

そういえば、パクウォンさんから、ヒモの締め直しの最良な方法、「(仮称)必殺、回転地獄車!」 を教わったんだった。、、、「地獄車卍固め」だったかもしれん^^;

-----


担いでみると、見事にしっくりこない。つけ方忘れてる!! というわけで、次忘れないように、写真撮ってもらう。たすき2本でやってなかったっけなぁ。なんで1本にしてたんだっけか。思い出せん。

-----


チルチェ の裏打ちに入る直前部分の変化。あぁ、そうか、そうやったんか。そういえばそんなん聞いたような気もする!と 今更ながら驚く。

-----


「親舊達・チングドゥル・친구들・chingudle」 のパクウォンさんと共に、チングドゥルメンバーの趙恵美さんも来てくれはった。芸人がんばれ!

これからも気長によろしく。

2 コメント:

匿名 さんのコメント...

初めまして。
「パクウォンさん」で検索していたらこちらにたどり着きました。
先日、娘の通う小学校にパクさんが来て下さって、チャングの演奏も披露して下さいました。
お話もとってもお上手でお人柄が滲み出ていてすっかりファンになってしまいました。
その時にパクさんが12月13日に長田のホールで演奏会があると仰ったのですがどちらのホールかご存じないでしょうか?教えて頂けると嬉しいです。

青ひょん さんのコメント...

ウェブページはまだ作成中で、非常に読みづらいですが、
情報はこちらにあります↓


舊達(チングドゥル)
http://chingudle.blogspot.com/


◎ 親舊達ライヴ IN KOBE
http://chingudle.blogspot.com/2008/10/in-kobe.html

12月13日
SITE KOBE(神戸市長田区アスタ4番館)

コメントを投稿

コメントを手作業で承認しているので、公開までに時間がかかります。ごめんなさい。また、古い発言へのコメントであっても、とても嬉しい!どうぞよろしく。

「コメントの記入者」は、例えば「名前/URL」を選んで、「名前記入し、URL未記入」などでOKです。コメントできないなぁという場合は、「何度かプレビューをする」と、うまくいくようですが、もし良ければ aohyon@gmail.com までメール頂けると対応します!

「そこまでのことでもないし」と言わず是非どうぞ(・∀・)

 /青ひょん

Comments on Google+: