2008/03/05

太鼓話。パクウォンさん(4) チングドゥル紹介ちらし



しばらくの間、本業の建築の勉強に専念し、太鼓はリハビリで奏ってるのですが^^;、
リハビリ内容は、また別で書くとして、忘れぬうちにチングドゥル話、書いておこう。

お世話になってるパクウォンさん。パクウォンさんがやってる「親舊達”チングドゥル”(친구들? chingudle?)」は、先日、京都の 「MOJO WEST」 でライブをしたそうで、フライヤもこしらえたと!



-----



親舊達”チングドゥル”とは、
韓国打楽器・朝鮮半島民謡・舞踊・和太鼓・篠笛・日本民謡に携わる在日Koreanと日本人によるコラボレーション・ユニット。2006年、パクウォンを中心に結成。

KoreaとJapanの芸能に表現基盤を置きつつも、伝統をダイナミックに多様化/現代化させた世界観は、時に世界の民族音楽のエッセンスすら内包する懐の深さと柔軟さを併せ持つ。

両文化の伝統芸能を知り、共感・共存し合うことで新しいものを生み出し、融合された芸術を作り上げようとする「チングドゥル」のフィールドは、日本、Korea、そして世界へと向かっている。


-----

いつもプロレスネタを小出しに笑わせてもらってます!
これからもよろしくです!

もし、フライヤ入稿データ(ai?pdf?)頂けるようなら、その内容で、検索に引っかかる(?) web ページを時間のあるときに作っておきますので、よろしくですー。

ちなみに、小学生高学年な僕と妹も、当時の金曜20時には「ワールドプロレスリング」に噛り付いてました。
「卍固め」よりも、「ドラゴン・スープレックス(飛龍原爆固め)」にどよめてました。藤波が大好きでした、、、僕と妹、、。

1 コメント:

青ひょん さんのコメント...

親舊達(チングドゥル)情報は↓

http://chingudle.blogspot.com/

コメントを投稿

コメントを手作業で承認しているので、公開までに時間がかかります。ごめんなさい。また、古い発言へのコメントであっても、とても嬉しい!どうぞよろしく。

「コメントの記入者」は、例えば「名前/URL」を選んで、「名前記入し、URL未記入」などでOKです。コメントできないなぁという場合は、「何度かプレビューをする」と、うまくいくようですが、もし良ければ aohyon@gmail.com までメール頂けると対応します!

「そこまでのことでもないし」と言わず是非どうぞ(・∀・)

 /青ひょん

Comments on Google+: