2009/05/13

東京ビーナスフォートでカリカチュア(似顔絵)体験


来年2010年に撤去予定の東京青海「ビーナスフォート(VenusFort)」へ。

なんとなしに4、5回足を伸ばしている気がするが、特にコレといって目当てがある訳でもない。でも、あいかわらず天井(空模様+照明)は雰囲気があって味わい深い。上手いわ。

---

「似顔絵コーナー」で、リンゴ+若葉がイイもん描いてもらう。「カリカチュア」と呼ばなアカンらしい。

ふむふむ、なるほど面白い。確かにこれは「若葉」だわ。見たことも想像したことも無いけど、紛れもなく「若葉」! 面白いなぁ。

描き手のモチーフなんだろうけど、やはりクチビルも出てるね(´・ω・;;)

描き手は本橋弘典さん。彼のブログを見ると、

--

ひろのブログ「ゴールデンウィークですね。」

「なんとも自然を感じるお名前ですねー。
初めてお会いしました。このお名前の方には。
次は是非りんごくんの弟くんも一緒にお描きしたいですねー。」

--

とのこと。写真も掲載されてます♪ ありがとうございます。ちょっとリピーターの気持ちが判るような気がするわ。




4 コメント:

やんぢゃ さんのコメント...

はは、似てねー、と思ってしまったんだけど、描いた人のブログに行って他の人のを見ると、それらはよく似ているように思った。よく知ってる人だと似てるかどうか、分からんようになるのかな。しかし頬骨が目立つなぁ。

青ひょん さんのコメント...

うん、勿論「似てる」って、最重要ポイントであることは間違いないんよ。でも、描き手の「膨大なコレクション?」の一つに加えてもらった感というのか、こちら(若葉)側よりも、絵描き側のパフォーマンスに、より中心がシフトしてると言うのか。それでけ絵描きの芸(枠?)が一つの形式として確立しちゃってるんだろうなぁ、、と。

「祭りのアメ細工の出来上がるのを待つ子ども」みたいな心持ちでした。こっちの気分的には「描いてくれて、ありがとう!」って気持ちが一番やねんなぁ。

で、若葉は、確かに「そういう顔もアリだろう」と思う。でもリンゴの普段の顔は、特徴がなくて描き辛いと思うから、そういう意味で、「なるほど、そうまとめるか。短時間ですごいね」と妙な納得がある。

リンゴに比べてライトは特徴だらけやから、次回あればライト(と僕?)を描いてほしいなぁと思っているところ。

Hironori さんのコメント...

おじゃまします。
絵を描いたHironoriです。
ふとおじゃましたのですが、春ひょんさんは明らかにただ者ではない空気ですね。
ちょくちょくブログにおじゃましようかと思います。

青ひょん さんのコメント...

>Hironoriさん 


うわ!^^;

どうも、その節はありがとうございました。
描いて頂いた作品は、家の食卓からまっすぐ見える場所に掛けております♪

僕は「ただ者」ですが、それでも、ブログに「コメントを躊躇させるぐらいの雰囲気(?)」があったかもしれません。そこを押してのコメント、ありがとうございました!(笑い

ますます業界が盛り上がるよう期待しています~

コメントを投稿

コメントを手作業で承認しているので、公開までに時間がかかります。ごめんなさい。また、古い発言へのコメントであっても、とても嬉しい!どうぞよろしく。

「コメントの記入者」は、例えば「名前/URL」を選んで、「名前記入し、URL未記入」などでOKです。コメントできないなぁという場合は、「何度かプレビューをする」と、うまくいくようですが、もし良ければ aohyon@gmail.com までメール頂けると対応します!

「そこまでのことでもないし」と言わず是非どうぞ(・∀・)

 /青ひょん

Comments on Google+: